内定者研修を成功に導く4つのポイント|内定者辞退を防ぐための研修内容を紹介

内定者が入社後スムーズに業務を遂行できるようにするため、内定者研修の実施を検討されている企業様は多いことと思います。

一方で、何をゴールとし、どのような教育をすべきかが判然とせず、内定者研修の設計立てに苦慮しているというご相談も多く寄せられます。

「内定者の辞退を防ぎ、即戦力として活躍してもらいたい」
「内定者が抱える解消するにはどのようなプログラムが有効か」

このようなお悩みを解決するため、この記事では内定者研修を成功に導くためにおさえるべき4つのポイントをご紹介していきます。

今回人事ZINE編集部は、中小企業での新卒採用人事の経歴を持ち、現在は新卒採用アドバイザーとしてご活躍されている谷間さんに、過去に実施した内定者研修の役割や取り組み方についてお聞きしてきました。

内定者研修をおこなう2つの目的

内定者研修とは、社会人としてのマインド形成や実務に役立つスキル教育など、内定者に対して入社前に行うフォロー研修のことです。

内定者研修の主な目的は大きく分けて2つあります。

目的①内定者の不安を解消する

内定者研修ではまず、内定者の不安を解消することを第一に考えるべきです。

内定者は、入社が決まったことに安堵している一方で、社会人となり組織の一員として働くことに漠然とした不安を抱えています。どのような不安があり、どうすれば解消できるかなどを具体例を持って説明するといいでしょう。

内定者の不安を取り除くには、内定者が抱えている不安要素を知っておかなければなりません。内定者の不安は、大きく分けると以下の3つに分類されます。

内定者が抱える不安①与えられた仕事をこなせるかどうか

与えられた仕事をこなせるかどうか内定者は、自分にどのような業務が与えられるのか、そしてその仕事をきちんとこなせるのかという漠然とした不安を抱えています。

このような不安は内定者ならば誰でも感じるものです。そして、入社後は業務を遂行するにあたり壁にぶつかることもあるでしょう。

しかしながら、内定者研修の時点でその不安を必要以上にあおる必要はありません。むしろ、「内定者研修を受けることでその不安が解消される」ことを伝え、困った時に相談できる環境が整った会社であることを主張すべきです。

漠然とした不安を明確にし、具体的な解決策を提案することで、業務に関する内定者の不安は解消することができます。

内定者が抱える不安②会社の雰囲気になじめるか

「人間関係で悩んでしまうのでは?」「職場の雰囲気になじめるかが心配」内定者の多くがこのような不安を抱えて入社してきます。

人間関係については、実際に働いてみないとわからないことが多いです。「大丈夫」といった根拠のない声がけでは、内定者の不安を根本から解消することは難しいでしょう。

このような不安をもつ内定者には、まず「あなたと一緒に働けることを会社全体が心待ちにしている」ことを伝えてあげてください。会社が歓迎の姿勢を示し、内定者がなじみやすい雰囲気であることを前面にアピールするのがいいでしょう。

内定者が抱える不安③本当にこの会社を選んで良かったのか

内定者の中には、「他の会社を選ぶべきだったのでは?」という不安をもったまま内定者研修に臨む人もいます。この疑問に対する正解は、実際に働く中で内定者自身が見つけていくものです。

このような潜在的な不安は、実際に働いている自分の姿をイメージしてもらうことでクリアにできます。内定者の働きが会社にもたらすメリットを説明し、前向きな気持ちで研修に取り組めるようサポートしてあげてください。

目的②最低限のスキルを身につけてもらう

内定者研修では、文書作成やコミュニケーション、OAスキルの研修をプログラムに組み込むことが多いです。これは、内定者に即戦力として活躍してもらうことが目的で、受け入れる側にとっても大きなプラスとなるはずです。

また、実際の業務で役立つスキル研修は、「仕事についていけるか?」という内定者の不安解消に有効で、内定辞退を予防することにもつながります。

内定者研修の設計に加えたい具体的なプログラム内容については、後ほど詳しく解説していきます。

内定者研修で成果が出ない4つの原因

企業の人事担当者様からは、内定者研修を実施するも、内定者の辞退を予防できないというご相談が多く寄せられます。

内定者研修で思うような成果が得られない場合、以下に当てはまるものがないかを確認してみてください。

原因①内定者や新人の特徴を理解していないから

内定者研修を実施する側は、学生や新人がどのような気持ちで会社に向き合おうとしているか理解しようとする姿勢が必要です。

まだ社会を知らない内定者に対し、「自分たちの頃は」「最近の若い人は」などと話をするのは決して好ましいことではありません。

原因②内定者の不安を解消しきれていないから

内定者は、仕事内容や人間関係、その会社を選んだことに対して漠然とした不安を抱えていることをお伝えしました。

内定者研修でこの不安を解消できなければ、入社までに間に不安は募る一方です。最悪の場合、内定辞退といったこともあり得るでしょう。

原因③会社の魅力を伝えきれていないから

内定者にとって有益な研修を意識しすぎるあまり、自社の魅力をアピールし忘れてはいませんか?

内定者研修は、内定者の不安を解消し、即戦力となれるスキルを身につけてもらうために行うものですが、その目的を達成するには自社の強みについての説明が必要不可欠です。

原因④本番さながらの緊張感が強すぎるから

内定者研修の時点でビジネスマナーやOAスキルが不足しているからといって、入社後に大きな失敗するとは限りません。

シビアな評価は、内定者のモチベーション低下につながります。緊張感を持ってもらうことは大切ですが、ピリピリとしたムードは内定者の不安を募らせるだけです。

内定者研修で設計に加えるべき4つの内容

内定者研修のプログラム設計は、人事担当者様がもっとも悩まれる部分かと思います。

プログラムの内容は、目指すべきゴールから逆算すると設計がしやすいです。ここでは、内定者研修で設計に加えるべき内容について詳しく解説していきます。

内容①社会人としての心得

内定者の多くは、社会人経験のない(少ない)学生です。親や学校に守ってもらう立場から一転、組織の一員として社会に貢献する側の人間になることを理解してもらう必要があります。

自立した社会人としての意識を高めるため、学生から社会人へのマインド転換を促すプログラムを設計しましょう。

内容②ビジネスマナー

挨拶をする、時間を守る、報告・連絡・相談の徹底。これらのビジネスマナーは、社内はもとより社外でも重要視される大切なポイントです。

自分では大丈夫と思っていることも、他者には不足しているように見られることは少なくありません。取引先相手に不快感を与えないよう、内定者には最低限のビジネスマナーを習得してもらうべきです。

内容③OAスキル

OAスキルは、作業効率をアップさせるために欠かせないスキルです。入社前にある程度のOAスキルが身についていれば、即戦力として活躍できる可能性が広がります。

会社全体の生産性を高めるためにも、実務で役立つOAスキルの教育は内定者研修に組み込むべきでしょう。

内容④チームワーク

チームワークを学ぶプログラムでは、縦(上司)や横(内定者同士)のつながりを意識してもらいます。

一緒に働く人の素顔がわかると、内定者の間には自然と仲間意識が芽生えるものです。また、先輩の話を聞くことで実務内容をイメージしやすくなります。

内定者研修の実施方法

内定者研修には、大きく以下があります。

  1. 内定者たちが実際に集まってワークをする集合研修
  2. eラーニングや動画講義によるオンライン研修

ここからは、それぞれのメリット・デメリットと実際の研修ではどちらの方法が有効か具体例を挙げて説明していきます。

方法①集合研修

内定者同士が対面し、ともにワークができる集合研修はチームワークを形成するのに有効です。

挨拶や言葉遣いなどのマナー研修は、内定者同士でロープレすると実務をイメージしやすくなります。また、懇親会や親睦会などのイベントも、実際に会ってコミュニケーションを取るのがいいでしょう。

ただし、内定者の多くは学生ですから、学業により研修に参加できない可能性があることは想定しておかなければなりません。

集合研修に参加できない内定者に対しては、同期に遅れをとっていると不安にならないよう個別のフォローが必要となります。

方法②オンライン研修

近年は、内定者研修をオンラインで実施する企業が増えています。

オンライン研修は動画で繰り返し講義を復習できるのが大きなメリットです。講師の招待や遠方の内定者にかかるコスト削減にも有効ですし、集合研修に参加できなかった内定者へのフォロー研修としても活用できるでしょう。

一方で、内定者の潜在的な不安を解消するには少々物足りなさが残ります。個別に面談する機会を作り、悩み相談や意欲向上につなげていきたいところです。

まとめ|内定者研修は「企業側の入社してほしい」と「内定者の入社したい」を1本軸で繋げるため施策

内定者研修を成功させるには、内定者が安心して入社できるようモチベーションアップのサポートをしなければなりません。

実務に必要なスキル研修はもちろんですが、内定者の不安を知り、悩みを少しでも解消してもらえるようにプログラム設計をする必要があります。

懸念を解消できていないままだと、入社後もずっと不安を引きずってしまい、最悪の場合すぐに退職するということもありえるでしょう。

「この会社に入社してよかった」と思ってもらえるように、個々の内定者に向き合って内定者研修に取り組んでみてはいかがでしょうか。

人事ZINE 編集部

人事ZINE 編集部