【経験談あり】インターンシップを企業がするメリットを紹介

採用担当者の方の中で、自社でインターンを実施していても、それが実際メリットとして中々感じられない担当者の方も多いと聞きます。

改めてインターンの実施する目的・種類、メリット、デメリットのご紹介と共に実際にインターン開催を経験した採用担当者にインタビューをして来たので生の声をご紹介出来ればと思います。

なぜ、今インターンが人気なのか?

キャリタス就活 2020 学生モニター調査結果

キャリタスリサーチによれば、2010年卒→2020年卒の約10年間のインターン市場推移を確認すると、学生参加率が51.6%→86.2%、企業の実施率が33.0%→74.9%となり、学生の参加率、企業の実施率共に増加傾向にあります。

現在インターンシップが注目される理由は、新卒市場の早期化により、できるだけ早い段階で学生と接点を持ちたい企業が増加した背景が理由として挙げられます。

過去、企業優位と言われる買い手市場では、企業は新卒採用活動するにあたって、積極的に企業から学生と接触しなくとも、広報解禁日→選考解禁日と形式的なステップを踏むことにより、売り手市場の現環境よりも学生を集めることが比較的容易でした(もちろん、買い手市場でも採用難易度の高い学生や採用決定が出にくい企業もあります)。

しかし、現在の売り手市場では、市場全体で見ると実質仕事が余っている状態が目立つようになり、学生優位と言われています。依然として知名度が高い大企業は学生に人気ですが、一方で知名度が低い中小企業などは採用決定を出す以前に、企業が学生に対して採用活動していることすら知ってもらうことが難しくなってきています。

そのため、企業は早い段階から学生と接点を持ち、自社認知から候補者群を形成する狙いなどがあり、その手段としてインターンシップを実施する背景が考えられます。

インターンシップの種類と実施するメリットとデメリット

インターン メリット デメリット

インターンシップの実施期間別に『短期型』『中・長期型』の2種類に分け、それぞれ実施するメリット・デメリットを紹介します。

短期型インターンシップとは

短期型のインターンシップでは、主に1日程度のインターンシップとします。キャリタスリサーチによれば、2020年卒者の参加日数では、『半日』が24.0%、『1日』が37.7%としており、学生が参加したインターンの日数は、過半数が1日以内となっています。

実施するメリットとデメリット

短期型インターンシップのメリット・デメリットを紹介します。

メリットとしては、中・長期型と比べて少ないリソースで実施でき、学生と接触する機会を持てることが挙げられます。『グループワーク』『講義・座学』などのコンテンツは、1dayインターンシップのコンテンツとしてよく取り上げられています。

デメリットとしては、中・長期型インターンシップよりも、企業側が比較的導入しやすい一方で、学生のニーズや満足度を意識しないと諸刃の剣になる場合があります。

例えば学生に対して、インターンシップの内容を業界理解に重点を置いて、ナビサイトなどで広報掲載したとします。しかし、実際のインターンシップでは、企業認知・候補者群形成を意識するあまり企業説明会のような自社求人情報がメインになると、事前情報と体験に相違が生まれ、学生に不満が出ることが考えられます。

インターン集客数は上がるかも知れませんが、参加学生の体験満足度は下がった場合、結果的に採用まで結びつけることは困難になり得ます。

学生と接触することへのチャレンジは大切ですが、自社が短期インターンを開催する目的と、学生のニーズを加味しながら設計していきましょう。

中期・長期型インターンシップとは

中長期型のインターンシップは2日〜1ヶ月以上のインターンシップとします。

キャリタスリサーチによれば、2020年卒者の参加日数では、『2~4日』が24.6%、『1週間程度』が9.4%、『2週間程度』が2.6%、『3週間以上』が0.7%、『1ヶ月以上』が1.0%としています。

実施するメリットとデメリット

メリットとしては、短期よりも学生の企業理解だけでなく、企業の学生理解が深まり、相互理解が高い状態で接点を保ちながら選考に進んでもらいやすい点が挙げられます。

例えば、インターンシップを開催するにあたって書類選考などから得られた事前情報と実際の印象の照合、職場内の人との関わり方、仕事への取組む姿勢など、様々な観点から理解を測れます。

インターンシップで相互コミュ二ケーションを測った上で、お互いマッチング向上が見込めれば、採用決定人数の貢献が期待できるだけでなく、入社後の活躍と定着も期待できます。

結果的に、新規学生(相互理解の程度が薄い)への企業認知や候補者群形成などへ注ぐ予定であったリソースを軽減できるかも知れません(もちろん、逆にインターンシップを経てミスマッチが顕在化し、追加で候補者群を形成しなければならないケースも考えられます)。

しかし長期インターンのメリットである相互理解の程度は、短期インターンよりも大きいでしょう。

デメリットとしては、短期インターンと比較して、かなりリソース(特にマンパワー)が必要になることが挙げられます。

中・長期インターンシップを実施することにより、採用担当者は、現場社員や学生とのコニュニケーション機会も必然的に増えます。またインターンシッププログラムの準備、開催場所の確保、現場社員の手配など、多方面かつ長期的な動きを計画しなければなりません。

例えば、『実務』を体験するインターンシップでは、現場社員の理解が必要です。営業実務の体験であれば、インターンシップの目的を伝えた上で、お客様同行は可能かなど、内容のすり合わせをする必要があります。

また、『プロジェクト』形式では、特定の課題に対してインターンシップに参加している学生が取り組む場合、必然的にアウトプットに対してのフィードバックが必要になります。この場合も現場社員の助力が必要になってくるでしょう。

結果として、短期インターンと比較して、かなりマンパワーが必要なことが挙げられます。

インターンを実施する時期による違い

インターン  時期

インターンシップの実施時期別に『夏インターン』『秋・冬インターン』に分け、それぞれ実施するメリット・デメリットを紹介します。

夏インターンとは

夏インターンは、多くの学生が秋・冬インターンよりも志望業界への理解度が低い状態であり、企業理解に加えて業界理解のコンテンツが取りあげられる傾向があります。キャリタスリサーチによれば、2020卒者では8月実施では全体の23.8%としています。8月実施は1年間で最も開催頻度が高いです。

実施するメリットとデメリット

夏インターンのメリットとしては、企業が学生との早期接点を持てることが挙げられます。就職活動の早い段階で、学生に企業を知ってもらえるチャンスになります。

また、大学が夏休みということもあり、学生が通学している時期よりも比較的スケジューリングしやすいでしょう

デメリットとしては、インターンシップ実施後、本選考が始まるまで期間が開いてしまう場合、学生を選考に進むまでの繋ぎ止めが難しい場合があります。中小企業など採用にかけるマンパワーがそもそも少ない場合、繋ぎ止めの難易度は上がるでしょう。夏インターン時点で学生が選考に進むモチベーションが上がったとしても、魅力づけなど維持していく工夫がなければ選考に至るのは難しいかも知れません。

秋・冬インターンとは

秋・冬時期は、学生の状態として夏時期よりもある程度業界理解は進んでおり、より具体的な企業理解・企業における職種毎の仕事内容理解にフォーカスする傾向があります。

キャリタスリサーチによれば、2020卒者では2月実施が全体の21.3%としています。2月実施は1年間で開催頻度が2番目に高いです。

実施するメリットとデメリット

秋・冬インターンのメリットとしては、夏と比べて選考までの繋ぎ止めの難易度が下がり、比較的選考まで進んでもらいやすいことが挙げられます。秋・冬インターンシップでは(特に冬では)、学生の志望業界理解度も高い状態になりやすいのが特徴です。

インターンシップを経て相互理解が高まった上で、そのまま選考まで進んでもらえれば、採用優先度の高い候補者群形成に貢献できます(しかし、インターンシップを経験した結果、その学生が採用したい人物像と異なる場合も当然あります)。

デメリットというよりも懸念点として、特に冬の時期では、企業理解や職種理解を行うことを目的と設定したならば、インターンシップをそもそも行わない方がいい場合があるのかも知れません。

特に中小企業など少ないマンパワーの企業では、個別面談など1対1のコミュニケーションを用いた方が、結果的にインターンシップよりも相互理解を測った上で、選考に進む場合もあります。目的に応じて手段を変えていくことが大切です。

経験者に聞く、インターンシップ開催の本音

インターン  本音

ここまで、インターンシップを実施する企業のメリットを、期間や時期に分けて紹介しました。

以降はインターンシップ開催経験者がある採用担当者が語る、本音インタビューを紹介します。インターンシップ開催の一例から、開催場面のイメージが深まれば幸いです。

「秋インターンをやろう !」って思っても、結局年明けになってしまった。

——  どれくらいの会社規模で、どんなインターンをしましたか?

採用担当者:会社規模は200-300名規模の中小企業です。実務を体験してもらうようなインターンシップをしました。

インターン期間を本当は長くしたかったのですが、マンパワー面を考えた上で、1日になりました。いわゆる1dayインターンです。時期も本当は秋から実施したかったのですが、結局、1月上旬の年明けの実施になりました。

——  秋にできなかったのには、何か理由がありますか?

採用担当者:やっぱりマンパワーの問題です。「秋インターンやろう !」って思っても、どの社員に協力してもらおうとか、予算はどれくらいかかるかとか、考えることがたくさんありました。開催決定したものの、インターン情報の広報が遅くなったりしてしまった要因もあって、結局年明けになってしまいましたね。

採用担当者は『なんでも屋さん』。採用活動を行う期間が年中にもなり、かなり手間。

——  インターンはどんな内容でしたか?

採用担当者:仕事を疑似体験する内容です。営業体験の場合、実際に折衝する現場に行ければいいのですが、お客さんの事情もあるので、営業がお客さんにどうやって提案しているのかロープレのように体験できる内容にしました。

営業が提案している折衝場面を想定して、それを楽しくやる感じです。

会社が大切にしている価値観を知ってもらう狙いがあり、「こういう考え方を大事にしているよ」って、全面に出してロープレ体験をしてもらいました

『ロープレ』って言葉だけに注目すると、学生にいいイメージが持たれにくく、会社としても目的がズレるかもしれなかったので、『企業体験』と言い換えて、伝え方に工夫していました。

この企業体験コンテンツ自体、採用担当者の私が考えました。でも企画するだけじゃなくて、実際はなんでも屋さんの立ち位置でしたね。

——  よく「インターンは手間がかかる」って聞きますが、実際手間でしたか?  

採用担当者:実際、かなり手間でした。笑

手間な理由は、今まで広報解禁が3月スタートで、3月までにじっくりスタート準備をしていればよかったのですが、時期がどんどん前倒しになってきて、人事の採用活動を行う期間が年中になってきました。

年中ずーっとやり続けないといけない。

次の採用年度に向けてすぐに準備しないといけません。。。

『集客』が一番大変。当日、半分くらいなっていることも。

——  具体的にどういうことが手間ですか?

採用担当者:例えばインターンシップ開催するにあたって会場抑えたり、人を抑えたりとかですね。

会場は自社で開催することもできたのですが、集客状況によっては柔軟に変更しなくてはなりません。貸し会議室とかも抑えないといけない場合も出てきます。

先ほども言いましたが、今まで3月スタートだったのに、前倒しに開催しないといけないので、集客する回数や期間も増えました。

学生との連絡も3月からすればよかったのに、それも前倒しになったのも手間ですね。笑

——  社内の協力者はどうしました?

採用担当者:営業社員とか、インターンコンテンツとして有力な若手社員とか、内容によって変えていました。

インターンシップの内容を決めて、最適な人決めて、アサインして、日程合わせて、学生集客して、人数によっては会議抑えて、備品用意して、、、本当に大変でしたね。

——  何が一番大変でしたか?

採用担当者:『集客』が一番大変でしたね。せっかく、現場社員に日程を開けてもらって、「よし ! 会場も準備完璧です!」って状態になっても、集客した学生さんをそのままインターン当日まで維持して行くのが大変なんです!

集客時点でたくさんの学生さんが申込んでくれていたのに、当日見てみると半分くらいなっていることもありました。

対策として、インターンシップ当日まで学生さんの気持ちを維持するために、連絡しないといけないし大変、ホントに。

学生さんと連絡は、何が一番繋がるか試しました。メール、LINEとか。結局LINEにしました。LINEは気軽に返信できる分、ある程度のところでやり取りを終えないと長引きすぎてしまうこともあり注意しながら工夫していきました。

——  ホントのところ、インターンシップからの採用効率どうでした? 

採用担当者:インターンシップを開催したことで、会社を知らない学生さんに知ってもらう機会がありました。業界を狭めていない学生に比較的早い段階でタッチできて、「この会社、意外と面白そうな仕事しているな」って学生さんに思ってもらったことはたくさんありました。

インターンシップに参加してくれた学生さんが、その後選考に進んで内定もらうとかはよくあったので、開催してよかったと思いますね。

選考まで進んでもらう工夫は、『インターンシップに来てくれた特典』をつけること。

——  冬のインターンシップの目的はどうしていました?

採用担当者:業界のことを知ってもらいつつ、選考に進んでもらう狙いがありました。

事前に会社を知ってインターンシップを希望した学生さんや、その他にも業界研究を兼ねた学生さんなど、色々な目的の学生さんがいたと思います。

業界を絞っている学生さんもいれば、たまたま日程が合ったって学生さんもいるし、内容を見て営業のインターンシップを行ってみたかった学生さんもいるし。

業界を絞っているなど特定の業界行きたくて参加した人は、3月ぐらいでも集客できるのですが、インターンシップをやっているから来た、営業がやってみたかった、などの学生さんはこの時期より後半に接触していくのは難しいので、早いタイミングで接触できてよかったなと思います。

——  学生を選考まで進んでもらう工夫はどうしていましたか?

採用担当者:コンテンツで魅力づけしました。実際来てもらって、「思っていたのと違う」と思われないように、「思ってたより良かった」と言ってもらえるようなコンテンツ設計をしました。

例えば、『インターンシップに来てくれたから特典をつける』ことをしました。特別感が大事です。『絶対損させない ! 』って感じを出すことです。

——『絶対損させない』意気込みが込もったコンテンツの一例を教えてもらえませんか?

採用担当者:学生さんのニーズにもよりますが、例えば、「インターンシップ来たからには選考を早くしたいな」という学生さんには、特別な選考ステップを設けたりしました。他にも特別に会社の人と会えるよとか、通常接触の学生さんと違うことを盛り込むことがいいのかなと。インターンシップに来た甲斐を持たせるなどが大事かなと思います。

メリットは、就活を始めて間もない学生と早期接点を持てること。デメリットは、やっぱり大変なこと。

——  インターンシップ開催経験があるからこそわかるメリットは何ですか?

採用担当者:メリットは、今まで会っていた学生と違う学生さんに会えたことです。採用始まってみんな本格的に動き始めたら、業界異分析しましょう、自己分析しましょう、みたいになるのですが、その波に流されてないような、インターンシップに行ってみたいなと思える純粋な学生さんと出会えるきっかけになったことです。

簡単に言うなら、そのような学生さんと早期接点を持てたことですね。

——  インターンシップ開催経験があるからこそわかるデメリットは何ですか?

採用担当者:やっぱり大変なことです。仕事が増える。笑

通常3月スタートだったのに、今まで採用活動していない時期に前倒しでインターンシップが流れ込んできました。1年を通してほっとする期間があったのに。笑

心労もきついですよね。年度内の採用が終わったのに、もう次年度始まったぞ、みたいみたいな感じです。今年度振り返りする暇なかったぞ、みたいな。

——  今の採用環境でインターンシップを開催するはメリットありますか?その理由は?

採用担当者:採用担当者が、今どれくらいの仕事量があるかによると思います。インターンシップをしても、結局学生さんを選考までフォローできなくて、採用に繋がらなかったらメリットがないと思います。

採用担当者を含め、関わる人のリソース次第ですが、例えば今年度の採用終わっていなければ、次年度のインターンシップを開催している場合じゃないこともあります。

10人採用担当がいてインターンシップを開催するリソースがあればばやればいいし、1人体制でもフォローできればやればいいし。フォローできなかったら、止めておいたほうがいいと思います。

最後に

今回は、インターンのメリットに加え、実施する目的・インターンの種類・実践経験者のインタビューなどを紹介しました。

インターンシップを成功させるためにはインタビューの中で何度か出てきた「フォロー」出来るかどうかが重要なポイントになりそうです。

インターンシップをやるは良いが本来のメリットを享受できない事が無いように実施後のフォローまで設計して取り組むのが良いのではないでしょうか。

ぜひ、自社のインターンシップ開催時の参考にして頂ければと思います。

横山 大将

フリーランスとしてオウンドメディアの企画運営、国内ホテルを中心にwebサイト制作のUX設計などに約3年間携わる。 2019年7月に株式会社i-plugに入社。法人マーケティング部でオウンドメディア『人事ZINE』の運営を担当。