企業説明会を成功させる内容にする6つのポイントとは?

採用担当者の方の中で、新卒の企業説明会を開催するにあたって、例年の内容を踏襲するだけでは効果が出にくいと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、説明会の内容をより良くするために以下の内容を紹介します。

  • 採用担当経験者の注目ポイントを加味した企業説明会の一般的な内容と目的
  • 学生のアンケートを参考にし、印象の良い説明会と思ってもらうためにできること

説明会の内容を振返った上で、前年度の説明会よりもブラッシュアップするお力になれると幸いです。

目次

会社説明会の目的は、選考に進んでもらうきっかけ作り

新入社員アンケート』 DYM調べ

会社説明会の主な目的は、学生に対して企業理解を深めた状態で選考に進んでもらうきっかけを作ることが挙げられます。

学生の企業理解が浅い状態では、企業の求人を認知してから選考に進むまで行かない場合があります。

仮に選考に進み内定したとしても、学生が複数社内定を保有している場合、企業理解が浅ければ、相対的に内定辞退の可能性が生じてくる場合があり、採用結果への影響が出てくるでしょう。

また、DYMの調査によると学生の入社の決め手は、上位から「自己成長できる環境がある」「社風が自分と合っていた」「一緒に働きたいと思える社員がいた」などとしています。

この結果から、入社の決め手には、より深い企業理解が必要であると考えられます。

ですので、企業理解を深めて、今後入社の決め手となり得る情報を提供するためにも、説明会など対面で実際に交流する機会を作ることが必要です。

企業説明会に必要な流れは?

新卒採用の一般的な企業説明会の内容を以下のフローで紹介します。

  1. 会社概要
  2. 仕事内容
  3. 経営幹部からの今後の展望&メッセージ
  4. 先輩社員との交流
  5. 採用情報
  6. アンケート

さらに、採用担当経験者の注目ポイントも加えて、わかりやすく紹介します。

①『会社概要』では、学生に分かりやすく説明して関心を引くことが大切!

『会社概要』の内容では、企業名の由来が何々で、元からこういう歴史があって、今どんな事業を行なっていて、サービスはどんなものがあって、グループはどんな会社があって、男女比はどれぐらいで、など、事前情報より詳細に説明するにあたって、学生が理解しやすいように会社の概要を紹介しましょう。

加えて、会社概要を発表する前に、発表者の自己紹介も必要です。名前、部署(人事部など)、入社何年目などの基本情報を紹介しましょう。

発表者が入社した志望動機をざっくばらんに、学生側の気持ちに立って伝えることにより、グッと学生の興味を引けるチャンスになるかも知れません。

【ここに注目!】ニッチな会社は伝え方に工夫を!

『会社概要』の内容をより良くするために、採用担当経験者のワンポイントアドバイスを生の声で紹介します。

—— 『会社概要』の内容を良くするワンポイントアドバイスは?

採用担当経験者:例えばBtoB企業などは、学生が普段の接点が薄く感じられて、ただ概要を説明するだけでは、イメージしにくく興味を持ち辛いかも知れません。

でも、すごくニッチな事業をしていても、業界NO.1などシェアが高く、実は魅力的な企業もあると思います。肌感覚ですが、ニッチな業界NO.1の企業に限って伝え下手な企業があると思います。

例えば、業務用冷蔵庫の部品メーカーなどのニッチな企業の場合、学生にシェアが高いことを伝えた上で、「弊社の製品は普段学生のみなさんと接点がないように思われるかも知れませんが、実は身近にあるんですよ。今日、コンビニに行ってペットボトルの飲み物を買った人はいますか?実は、そのドリンクが冷やされていたコンビニの冷蔵庫は弊社の製品かもしれません。弊社製品の業界シェアは・・・。」など、学生が普段認知にしにくいニッチな業界に対して、よりイメージの解像度を上げて、興味を持ってもらう工夫が必要です。

②『仕事内容』では実務レベルで学生が働くイメージを持てるように

『仕事内容』では、主に実際に働くにあたって どんな仕事をするかなど、就業場面での具体的イメージを持ってもらう事に狙いがあります。学生から見ると、社会人として実務を担うことは、実体験が乏しいのでイメージが難しいことが想定されます。イメージが難しいことを想定した上で、なるべく学生に分かりやすく使える工夫をしましょう。

事業内容、職種など、大雑把に説明するよりも、「社員の1日スケジュールを教えていてください。」などの学生からのニーズに対して、職種毎の仕事内容など、できる限りピンポイントで伝えましょう。

【ここに注目!】1日のタイムスケジュールは実は難しい?

『仕事内容』をより良く紹介するために、採用担当経験者のワンポイントアドバイスを紹介します。

—— 『仕事内容』を良くするワンポイントアドバイスは?

採用担当経験者:なるべく分かりやすくすることですね。やっぱり学生さんウケが良いのは、社員の1日のタイムスケジュールを話すことです。すごく難しいですけどね。

何時にメールチェックして、何時にお昼ご飯食べて、何時から外出してアポに行きますよ、みたいなスケジュールが固定的にある人ってそんなに多くないんじゃないかなと思います。

週単位、月単位など大きく見ていくと1日のスケジュールにバラつきが出てきて当たり前ですし。職務がきちんと分かれているとスケジュールを説明しやすいかもしれませんが、総合職として一通りの業務を広くやっていると説明しづらい部分もあります。

大きい会社だと1つの部署などで仕事して少なからず職務が別れている傾向があるので、学生さんに1日のスケジュールはある程度わかりやすく伝えられるかも知れません。でも、小さい会社だと割とオールラウンダーとして日毎に性質の離れた仕事をすると、説明の難易度が上がります。また、学生さんのイメージも難しいのかも知れません。

その時は、なるべく「お客様に届けるまでの一部分の業務だけではなく全て携われます!」など、魅力的に聞こえるように工夫が必要でしょう。

③『経営幹部からの今後の展望&メッセージ』では、ビジョンの共感を!

新卒採用では、将来の幹部候補として新入社員に期待を込める企業もあります。そのため『経営幹部からの今後の展望&メッセージ』では、現経営幹部などからビジョンを共有することによって、一緒に企業文化を作りながら働いていくことを動機づける狙いがあります。

学生によっては、「営業がやりたい!」など限定的な志望動機の場合もあります。企業は、総合職採用など職種で今後長期の目線で見て柔軟に社内外の環境に適応できる人材要件を定義する必要もあるでしょう。

社内外の環境に柔軟に対応できる人材を確保するためにも、ビジョンなど物事の考え方、捉え方レベルの抽象度で共感が必要であり、長期的に働くイメージを持ってもらう工夫が必要です。

【ここに注目!】実は社長が話さない方が良い場合も?

『経営幹部からの今後の展望&メッセージ』の内容をより良くするために、採用担当経験者のワンポイントアドバイスを紹介します。

—— 『仕事内容』の内容を良くするワンポイントアドバイスは?

採用担当経験者:社長などの経営幹部に人を惹きつけるカリスマ性がすごくあるのであれば、このパートをお願いすればいいですが、必ずしも経営幹部でなければならないことはありません。

社長が威圧的な場合など、採用の観点から企業にも学生にも良い影響を与えづらいと判断したらならば、避けることも選択肢として必要でしょう。

「社長にビジョンを語ってもらわないと、社長の立場がないな。」という変な気遣いもできるだけ避ける方がいいですね。なんとなく気まずい気持ちは分かりますが、モヤモヤを抱えたまま当日を迎えると上手くいかないことはよくあります。

企業ビジョンを伝えられるであれば、中堅社員でも全然いいと思います。

ビジョンを伝えるのは社長など経営陣でなくても、学生にとって伝わりやすく、上手に話せる人、想いを言葉にのせて魅力付けできるような人の方が、必要なのかなって思うときもありますね。

④『先輩社員との交流』学生は働くイメージを想像したい!

『先輩社員との交流』では、学生が社員と近い距離で交流することにより、実際に入社して働くイメージを、より明確にもってもらう狙いがあります。

学生の働くイメージをより明確にもってもらうために、『社風』など実際に足を運ばないとわかりづらい『雰囲気』を掴んでもらいます。

一通りの企業説明が終わり、最後10分程度、現場社員を1人発表の前に立ってもらって質問を受け付ける内容だけでは、学生から質問が出にくい場合や、時間の制約などもあるので、交流として企業の『雰囲気』を掴むことは難しいかもしれません。

ですので、できる限り目的を達成できるような内容が必要になってきます。

内容としては、例えば、座談会など現場の社員とざっくばらんに交流する伝えた方などが有効でしょう。

事業や職種に分けて1テーブルに社員を数人配置して、少人数の学生で囲んで質問して、移動していくことにより、社風に加えて学生の知りたいことを現場の言葉から直接聞くことができ、より実際に働いているイメージが持ちやすいでしょう。

【ここに注目!】座談会は相互コニュニケーションを取れるチャンス!

『先輩社員との交流』の内容をより良くするために、採用担当経験者のワンポイントアドバイスを紹介します。

—— 『先輩社員との交流』の内容を良くするワンポイントアドバイスは?

採用担当経験者:先輩社員にあたる若手と、その1つ役職上ぐらいの先輩上司の2人1組になって、同じ部署から座談会に参加してもらいましたね。

若手の先輩社員だけで座談会をやってしまうと、学生さんに対してすごく先輩風を吹かす場合もあって、距離感が近いことが良くない場合もあります。

でも、若手社員と上司をセットにすることによって、学生さんが入社すれば一番下っ端になるので、先輩社員と上司の関係性を直接確認できます。

自分が入社すると「こんな感じになるのかな。」って、なんとなく上司部下の関係性のイメージが深まりますよね。

ちなみに、私の会社で実施したとき、上司部下の関係性が良かったので雰囲が良く(イジったり、イジられたり、普通に雑談をしたり、仲の良い感じ)、すごく学生さんからウケが良かったですね。

リソース的に無理がないのであれば、なるべくたくさん社員さんに出てきてもらった方が良いと思います。

⑤『採用情報』では、選考前の前提条件を伝えて改めてすり合わせる

『採用情報』では、主に募集要項や今後の選考フローなどの手続きを紹介します。

募集要項では、職種、仕事内容、求める人物像、勤務地、就業時間帯、給与、福利厚生、休日・休暇、応募方法、選考プロセスなどで、学生と選考が始まる事前のすり合わせを行う狙いがあります。

選考フローの説明では、説明会が終了後に参加した学生が選考を進むにはどうすれよいのか、連絡手段はいつまでにどんなツールで行うか、選考に進む前に提出する書類や課題はあるかなど、選考に進むための詳細な情報を伝えます。

【ここに注目!】今後学生にどうしてほしいのかきちんと伝える

『採用情報』の内容をより良くするために、採用担当経験者のワンポイントアドバイスを紹介します。

—— 『採用情報』の内容を良くするワンポイントアドバイスは?

採用担当経験者:選考フローを伝える事自体は、「日程が決まっていれば空けといてね」っていう感じになってましたね。

例えば、現段階ではそこまで面接の詳細な日時が決まってないと思うので、ざっくり伝えるぐらいです。加えて学生さん『らしさ』を選考では見たかったので、あまり試験対策して欲しくない事情もありました。

説明に来てくれた学生には、選考情報として「一次選考のエントリーシートを提出してくださいね。また後日エントリーシートをメールで送りますね」など、選考フローをアナウンスします。本格的に選考に進んでいく雰囲気を出しつつ、学生の選考まで動機づけてしていきます。

⑥『アンケート』満足度や志望動機を聞く

『アンケート』では、今年度と次年度に活かす2つに狙いを分けて実施する場合があります。

今年度では、どの事業に興味を持ったか、どんな仕事がしたいか、何社ぐらい受けているか、自社は第何志望かなど、採用市場における学生の動向を把握する狙いなどがあります。

次年度では、説明会のどこが分かりやすかったか、何を知りたかった、知りたいこと知れたかなど、説明会のクオリティや満足度を調査して、次年度にブラッシュアップさせる狙いがあります。

【ここに注目!】アンケートで聞くことは少なくてもOK!

『アンケート』の内容をより良くするために、採用担当経験者のワンポイントアドバイスを紹介します。

—— 『アンケート』の内容を良くするワンポイントアドバイスは?

採用担当経験者:極端に言うと、「知りたいことが知れたか」「志望度が上がったのか」を測れたられたらいいんじゃないかと思います。

たくさんの質問項目があったとしても、全てをデータ化して検証して改善していければ良いのですが、現実的に難しい面もあります。

加えて中には、アンケートで聞いたところで活かしにくい情報もあります。例えば、『志望業界』『志望企業』など聞いたとしても、どうやって自社の採用環境を改善していくのだろうと言う疑問も当時はありました。就職活動を進めるにつれて、学生の気持ちもすぐ変わりやすいので、聞いたところであまり活かしにくい感じはあります

学生に良い印象の説明会と思ってもらうためにできること

ここまで、企業説明会の内容を採用担当経験者のワンポイントアドバイスを加えて紹介しました。

以降は、新卒採用サポネットから『20卒学生の印象の良かった個別企業セミナーの理由』を参考に、企業説明会の内容を学生目線でより良くブラッシュアップするためのアイデアを、採用担当経験者の声と共に紹介します。

新卒採用サポネット 20年卒就職モニター調査4月 印象の良かった個別企業セミナーの理由から一部抜粋

社員が魅力的に映るように、モデル社員に来てもらおう!

—— 説明会の内容で社員が魅力的に映るにはどうしたら良いでしょうか?

採用担当経験者:魅力が人それぞれなので、難しいですね。

逆の発想ですが、自社に合わない学生さんには、お互いのために去ってもらった方がいいのかなという視点もあります。なので、 自社で採用したい学生像のモデルとなりうる社員を呼ぶ方法がいいのではないでしょうか。

「この社員の人、自分と違うなって」思ったら、学生さんは選考に進まないので。

モデル社員に参加してもらうポイントとしては、座談会のような社員との近いコンテンツでなくても、何でも大丈夫だと思います。

「私の仕事内容はこんなことをしています」など、モデル社員がありのままに近い状態で、いきいき話すだけでで、モデル社員と学生のマッチ度が高ければ、必然的に魅力的に映ると思います。

説明会の雰囲気が良くなるために、社員同士のコミュニケーションを見てもらおう

—— 説明会の雰囲気が良くなるためにはどうすれば良いでしょうか?

採用担当経験者:何人か社員を連れてきて、社員同士を雑談しているのを見せるのは良いと思います。

採用担当者1人しか説明する人がいなくて、終始説明するだけで終わるだけだと、なかなか穏やかな空気感にはなりにくいかなと思います。

私が自社で説明会を開催した時は、普通に社員同士でしゃべっていましたね。笑

座談会でもですし、採用担担当が会場を回りながら社員同士で、雑談してたりしてました。 社員同士を複数人置いて雰囲気を柔らかくしないと、学生さんも喋りにくいだろうなと思います。

もしくは強制的に隣の人と自己紹介してください、みたいなアイスブレイクを学生さんにしてもらう方法もあります。ただしこのアイスブレイクだけでは穏やかにはなりにくいと思いますが、それでも何かしらの遊びの要素があった方がいいと思います。

私が採用担当だった会社はアットホームな会社だったので、説明会でも学生に良く映るように見せるというよりも、そのままの社風を活かした感じです。

採用担当者が1人で説明しづらい社風とかも、これだと分かりやすいですよね。

プレゼンが下手でも、工夫次第で学生の満足度を上げる

—— 説明会のプレゼンテーションを上手にするにはどうすれば良いでしょうか?

採用担当経験者:通常のプレゼンと同様に、基本的に説明会用のスライドを作った後に練習が必要だと思います。 学生相手でも、なかなか最初は上手くいきません。発表時間を計ったり、プレゼンの資料を見やすくデザインしたり、座席が後ろの学生にも文字が見やすくなるように工夫するなど、プレゼンを上手く見せるアイデア自体はたくさんあると思います。

でも、そもそもプレゼンが苦手でも、カバーする方法はあります。

例えば、説明会が終わって、プレゼン資料を持ち帰れる資料として配布するのはいいと思います。実は配ってくれない企業も結構あって、説明会中に学生さんがメモを持ってない場合は大変そうなので、印刷してあげる方が丁寧ですね。

最後に

今回は、新卒の企業説明会を開催するにあたって、大きく以下の2つに分けて紹介しました。

  • 採用担当経験者の注目ポイントを加味した企業説明会の一般的な内容と目的の整理
  • 学生のアンケートを参考にした良い印象の説明会と思ってもらうためにできること

自社の説明会の内容を振返った上で、前年度の説明会よりもブラッシュアップする内容にチャレンジしてもらえれば幸いです。

横山 大将

株式会社i-plug 法人マーケティング部 『人事ZINE』の運営を担当。 フリーランスとしてオウンドメディアの企画運営、webサイト制作のUX設計など約3年間携わり、現在に至る。人事の方々のお役に立てるメディアを作っていきます。